夏スカーフの賢い選び方と使い方|夏こそスカーフで楽しまなければもったいない!

いらっしゃいませ $LAST_NAME$ 様(会員ステージ:$MEMBER_STAGE_NAME$)

カートを見る

自立した女性とともに歩むセレクトショップ 通販 シンフーライフ

海外のメゾンから王室御用達、ファッショニスタに愛される、知られざるインポートブランドまで。おしゃれ感度の高い自立した女性を応援するファッションスタイルを提案します。

横浜スカーフ18SSコレクションブック 
スカーフを柄から探す
アニマル柄
エルメス(馬具)柄
幾何学柄
フラワー(花)柄
ペイズリー柄
ペルシャ柄
ドット(水玉)柄
その他の柄
会員登録のすすめ
誕生日、母の日など、特別な日を彩るシンフーライフのギフトラッピング
vipシステムについて
プレミアムゲストミーティング開催報告
レビューで50ポイントもらえる
ロングセラーアイテム
売筋ランキング
誕生日、母の日など、特別な日を彩るシンフーライフのギフトラッピング
メールマガジン
ワンコのコラム登録
アウトレット
配送トラブルゼロを目指して
シンフーライフが高品質なインポートブランドを 直輸入価格で販売できる理由
当店の商品のリース、衣装貸し出しレンタルについて(スタイリスト・商業者様用)
悪質サイトにご注意ください

シンフーライフ本店トップ > スカーフ・ストール > スカーフ > 夏スカーフの選び方|夏こそスカーフで楽しまなければもったいない!

夏スカーフの選び方と使い方|夏こそスカーフで楽しまなければもったいない!

夏のスカーフの選び方や使い方がよくわからない…

夏に、スカーフ(巻物)を巻くと余計暑くなるのでは…

年を重ねて、首のシワが目立ってきたので隠したい…



夏が近づくと、そんな悩みをもつ女性は
多いのではないでしょうか?

その他にも

夏のスカーフの着こなしを考えるのが面倒くさい…

どんな柄がどんな洋服に合うのかとか考えられない…

そもそも、スカーフの巻き方がよくわからない…

といったように
わからないあまりに、面倒くさくなって
思考がストップしていたりしませんか?

それは、あまりにももったいないことです!

スカーフは、シンプルな出で立ちが一瞬で華やかになる
ファッションアイテムとして人気ですが

夏は、どうしてもデコルテが暑苦しくなってしまうのではと
心配をされる女性が多いようです。

たしかに、素材選びや柄選びを間違えると
「暑苦しい見た目」になり、また、実際暑くなるので
不快やイライラ、精神的なストレスの原因にもなります。

「シルク100%のスカーフ」であれば
夏であっても、快適に過ごすことができます。



なぜなら、シルクは夏に巻物として使える
素材として素晴らしい特徴を持っているからです。

このページでは、夏にシルクのスカーフを選ぶべき理由と
夏のシルクスカーフを使った上手なコーディネイト方法を
紹介いたします。

これを読めば、最初に紹介した貴方の悩みを
すっきりクリアーにしてくれるだけでなく、さらに
服装に合わせた夏のスカーフの柄の選び方や
使い方、さらにお手入れ方法までわかるようになります。

是非最後まで読んでいただき、夏のスカーフ選びに役立てて下さい。

夏スカーフの上手な選び方その1【素材】

夏のスカーフやストールの代表的な素材として
コットンやリネンが挙げられます。

コットンもリネンもさらっとしてて着心地良く
夏には快適な素材ですよね!

でも、どうしても素材の質感的にカジュアルになり
身につけたときのエレガントさや高級感、
都会的なオシャレ感にはほど遠いイメージです。

シンフーライフでは
夏のスカーフには、シルク100%の素材をおすすめします。

シルクは、上品さや上質感もあり
服装がカジュアルでも、コーディネートを
全体的に上質な仕上がりにまとめてくれます。



そのうえシルクは吸湿・放湿性に優れています。
熱を逃がす効果もあり、首に巻いていても快適です。

また、紫外線をカットしますので首ジワ予防に最適です。
意識の高い女性だと20代前半から、首しわ予防のために
お首にスカーフやストールを積極的に巻く女性も
いらっしゃるようです。

また、ご年配の女性ですと、「首のしわが気になるので
首元にスカーフを巻くのが定番」という方も多いようです。


このスカーフのページを見る

シルクは、日焼け防止効果だけでなく
なんと寒い場所では保温効果もあります。
ですから、夏の冷房で冷えた屋内でも
羽織や巻物として大活躍してくれます。


このスカーフのページを見る

そしてシルクは、ダイヤモンドにも負けない
光沢をもった素材。
ポリエステルの素材とは比べものにならないほど
上質感があります。

いくら上質のシルクを使っても
お料理の仕方で味が人によって全く変わってしまうように
スカーフも、プリント方法やインクの素材
手間かけたかどうかによって
仕上がりの高級感がまったく変わってしまいます。



こちらの写真は、世界最高峰の技術と呼ばれる
日本の「手捺染(てなっせん)という
シルクプリント技術です。

こちらの製法で染められたスカーフは
インクジェットプリントとのスカーフと比べて
裏表の区別がつきにくく、仕上がりにおいても
大変美しい発色を実現します。

日本が世界に誇れるシルクプリント技術です。
ちなみに、エルメスも、まったく同じ方法で
スカーフを染めています。

フランスのリヨン、イタリアのコモとならぶ
トップ技術なのであります。

シンフーライフで扱う日本製のスカーフはすべて
手捺染で染め上げています。

夏スカーフの上手な選び方その2【柄】

夏のスカーフは、柄の選び方も重要なポイントですよね。

スカーフはいろいろな柄があるので、迷ってしまうと思いますが
実はルールがわかってしまえばとても簡単に選ぶことが出来ます。

例えば、このように、角のデザインに特徴があるスカーフでしたら



角の柄に特徴があるスカーフ

角の柄を主張するような巻き方にすれば、
着こなしにインパクトを
与えることが出来ます。


このスカーフのページを見る

スーツなどで、知的な雰囲気を出したい場合は
メリハリの効いた柄を選ぶと全体が引き締まります。


このスカーフのページを見る


このスカーフのページを見る

角よりも中の柄に特徴があるスカーフ

逆に、角に特徴があまりなく、中央の柄に個性がある場合は
8の字巻きのような、中央の柄を見せるような巻き方にすると スカーフの柄がひきたちます。


このスカーフのページを見る

スカーフをバッグに巻くと、簡単に
おしゃれな感じを演出出来ます。
トータルスタイルがとっても華やかに変身します。

ミニスカーフの場合

シフォン素材(シルク)だと、ぐっと夏らしくなります。


このスカーフのページを見る
コーデしているバッグを見る

大判スカーフの場合

大きい花柄はバック結びによく似合います。


このスカーフのページを見る
コーデしているバッグを見る

パステルカラーなどのの淡い色あいのスカーフは
夏のフェミニンなイメージをつくります。


このスカーフのページを見る
コーデしているバッグを見る

夏限定で楽しめるクリアーバッグ。
好みのスカーフを風呂敷代わりに使えば、
毎回違った雰囲気を楽しめます。


このスカーフのページを見る

このスカーフのページを見る

このスカーフのページを見る

クールでモードな雰囲気のお洋服の時は
幾何学柄を選べば、唯一無二のオシャレ感を
演出することができます。


このスカーフのページを見る

夏スカーフの上手な選び方その3【大きさ】

スカーフは、選ぶ大きさによっても見栄えが全く
変わります。

どのような使い方、見せ方をしたいかで、
大きさを選ぶことができます。

ミニサイズのシルクスカーフ(58x58cm)

シンプルな白のTシャツやカットソーに合わせると
それだけでぐっとおしゃれ感が増しますし
首もとの日焼け予防にもなります。


このスカーフのページを見る

手首に巻いてブレスレット代わりにするのも素敵。
ミニサイズだからこそ主張しすぎず
それでいて存在感は出してくれます。


このスカーフのページを見る

小さなスカーフは、頭に巻くと
とても元気なイメージを出すことが出来ます。
滑りにくいシフォン素材がおすすめです。

大判サイズのシルクスカーフ(88x88cm)

88x88cmのスカーフは定番のサイズ。
エルメスもほとんどこのサイズの展開ですよね。
使い勝手が良く巻き方も豊富な88センチサイズ。
最初にどのサイズを選べば良いのかわからない!と言う場合は
迷わずこのサイズを選びましょう。

白や明るめの無地のお洋服と合わせると
スカーフが良く映えます。

シンプルな無地のワンピースがこんなにエレガントに。


このスカーフのページを見る
コーデしているバッグを見る

簡単におしゃれにみえる白シャツとのコーデ


このスカーフのページを見る

ファッション誌でよく見かけるウエストベルト。
88cmの定番サイズが一番見栄え良くまとまります。


このスカーフのページを見る

大判のスカーフを頭に巻くと
長い部分が垂れるのでとても
エレガントな印象になります。
夏らしい明るいカラーを巻くのがおすすめです。


このスカーフのページを見る

超大判のシルクスカーフ

こちらは108cmx108cmのさらに大判の正方形のスカーフです。

ベーシックな88cmx88cmのものと同じ巻き方をしても
よりインパクトと存在感があります。

ボリュームはありますがシルクなのでとっても軽やかで
首元のストレスはゼロ。
手捺染のシルクの軽やかさと高級感がお顔も明るく照らします。


このスカーフのページを見る

53cmx178cmの長方形の大判スカーフ。

ストールのようにビックサイズなので、くるっと
ひとまきするだけで、インパクトを出すことが出来ます。

屋外では首しわ予防や紫外線対策、
屋内では羽織に使って冷房対策として活躍します。


このスカーフのページを見る

シルクスカーフにはアイロンをかけた方が良い?

シルクは熱に弱いので、
アイロン(=熱)を与えることは、極力
避けた方が良いとされています。

1日スカーフを使って、帰宅したら
ソファーなどに広げてかけておきましょう。
そうすると、時間がたてば自然にシワが取れていきます。

シルクスカーフをソファーにかけている写真

シルクは虫が大好きな素材です。
日光にあたり続けるとると変色してしまうため
長期間、使わずに保存する場合は防虫剤(無臭)と一緒に
日の当たらない場所に保管しましょう。

シルクのスカーフは洗濯していいのか?という問題

夏ですから、スカーフを首に巻くと汗や汚れがつくし
洗いたいですよね。

実際のところ、シルクは水にもとても弱い素材なので
できれば洗わない方がいいんです。

洗うと、汚れはおちるものの、いわゆるシルク本来の「ツヤ感」が
洗うたびに劣化していきます。。
そうはいっても汗やシミがついてしまったら洗いたいですよね…

そんな方の為に、スタッフが実践している
シルクスカーフの洗い方をこちらで記事にしております。

キレイにはなりますが、やはりシルク自体の劣化は
洗わないときよりも早いです。
ですから、お気に入りのスカーフは
洗いすぎないようにしましょう。

シルクを傷めずに自宅で洗濯!スカーフの洗い方【保存版】

如何でしたでしょうか?

以上、夏にスカーフを選ぶ際の素材から柄によって
様々な着こなしの仕方、
お手入れ方法までお話ししてきました。

夏のスカーフは、露出が多くなる分、スカーフの柄で着こなしを
ブラッシュアップすることが可能ですし、「魅せるコーデ」が
映える季節。

この記事を参考にして頂き
いろんな柄やいろんな大きさのスカーフで
夏こそスカーフのおしゃれを上手に楽しんでください。



この記事を書いた人:

【シンフーライフ店長&バイヤー青柳】

シンフーライフ創業当時から買い付け、ページ作成、モデル業務など
をこなす長老スタッフ。

日本製のシルクスカーフをイチからつくる作業に携わっているため
シルクのスカーフの知識に関してはめっぽう詳しい(と思っている)



35 件中 1-35 件表示 













35 件中 1-35 件表示