男の日傘選び【男性用日傘の一覧】男の日傘が、仕事のできを左右するって本当?知れば納得のその理由とは。

いらっしゃいませ $LAST_NAME$ 様(会員ステージ:$MEMBER_STAGE_NAME$)

カートを見る

シンフーライフ本店 ブランドセレクトショップ 通販
世界中のナンバー1とオンリー1のアイテムを厳選しお届け

海外の有名ブランドからロイヤルワラント(王室御用達)まで
30代、40代
の感度の高い女性に似合うファッションコーデや
スタイルを提案するファッションセレクト通販

誕生日、母の日など、特別な日を彩るシンフーライフのギフトラッピング
会員登録のすすめ
ロングセラーアイテム
売筋ランキング
vipシステムについて
プレミアムゲストミーティング開催報告
レビューで50ポイントもらえる
メールマガジン
アウトレット
配送トラブルゼロを目指して
当店の商品のリース、衣装貸し出しレンタルについて(スタイリスト・商業者様用)

シンフーライフ本店トップ > 傘・日傘 > 男の日傘

男の日傘が仕事の出来を左右する理由

男が夏に日傘を差せば、仕事の出来が変わる?目からウロコのその理由をお伝えします

まず、一言言わせて下さい。
だれが決めたのでしょうか?「日傘は女性のものだ」と。
暑いのに、我慢する。それが、本当の男らしさなのでしょうか?

そんな世論?に後押しされてか、近年、男の日傘が人気急上昇中。
実際に、男性が日傘を差すかささないかでは、仕事(ビジネス)に 大きく影響がでることは事実です。

日本人は、湿度にもよりますが8℃〜25℃程度が最もすごし易い気温といわれています。
30℃の炎天下の中で、外回りを行うときの 体力の消耗は著しく、35℃を超えると多くの哺乳類が動かなくなるように、動かなくても体力を奪い去るほどの気温です。



汗だくのサラリーマンと日傘を差す爽やかなサラリーマン

ボーッとした頭と汗だくのシャツで、最高のパフォーマンスが出来ますか?

日本を支えるべく、夏の暑いさなかを外回りする営業マン。
せっかくの休みも、我が子の為、炎天下の中外出するお父さん。

暑さに体力を奪われれば、仕事のアイディアも出にくく、取引先への よい提案も思いつきにくくなってしまうもの。
また、暑さに影響をうけるのは頭だけではありません。 吹き出した汗がシャツに染み、見た目のかっこ悪さも促進します。

汗でびっしょりのビジュアルと、疲れのたまった表情のまま現場に現れて 取引がはたしてうまく進むでしょうか?

日傘を持っていれば、突然のスコールもへっちゃらなので「ずぶ濡れのまま 取引先へ到着」なんて最悪の事態も避けられます。
大切な書類も濡れることなく安心です。



日傘を差しているかっこいい男性

日傘を持っている男と持っていない男とでは、仕事の出来に大きく差がつく

こんな時、1本差すだけで熱を下げ、噴き出る汗を大いに減らしてくれる日傘を持ってるか持ってないかで貴方の健康と仕事の出来は大きく変わってきます。
東京の様な都市部でも、日傘を差せば、まるで木陰にいるかのような涼しさ。

もう一度言います。
誰が決めたのでしょうか?「日傘は女性のものだ」と。
一回、日傘をさしたら、その快適さに心奪われ、もう日傘無しでは仕事には行けなくなるはずです。

汗をかきすぎたあとの冷房の効いたオフィスでは、冷えた汗が体温を奪い、病気を引き起こしますが 日傘をさしていれば汗も少ないため、温度差が減り非常に快適です。

既に結婚している貴方は、汗染みが少なくなれば、奥様も助かります。
独身のあなたは、汗染みがあるかないかが結婚前の女性とっては重要ポイント。

体力を奪われることなく、暑苦しさを醸し出さない、爽やかな表情のまま夏を乗り切れます。



日傘を差している元気な男性

男性の多くが日傘を持てば、それが世の中のスタンダード

18世紀のロンドンにハンウェイという貿易商人がいました。
男性が町中で雨傘をもつと恥ずかしいというこの時代に 彼はカサを差し街を歩いたため、人々は彼をあざ笑いました。
しかしながらハンウェイの辛抱強い実行は周囲の価値観を次第に変えていき、 傘の「実用性と経済性」が次第に多くの人間に認識されるように。
そのスタイルは流行し、やがて、傘をさす男性自体が「英国紳士のシンボル」とまで言われるようになりました。

いつの時代も先駆者はすぐには世には受け入れられないもの。

「男が日傘なんて恥ずかしい」 本当にまだそう思っていますか?
あなたの一歩が明日を変えて、日本の社会も変わるかもしれません。



9 件中 1-9 件表示 





9 件中 1-9 件表示 

スタッフボイス

男も日傘を差す時代。そんなフレーズも珍しくなくなりました。

「男も日傘を差す時代」ってすごくいいよね!そんなお客様からの言葉を電話口から聞いたときはとても嬉しかったです。夏は男性だって暑いんです、というか逆に夏に長袖のシャツやスーツを着る機会が多い分、男性の方が女性より暑いのではないでしょうか?ビジネスマンだけに日傘を進めているわけではありません。お子様のスポーツ観戦に出かけるお父さん、お盆のお墓参りに出かけるお父さん、おじいちゃん。レジャーやアウトドア、ショッピングだって。一度日傘の有益さを味わったら、出かけるときはなくてはならない存在になるはず。暑いときには涼しく、突然の雨も怖くない。もう、我慢は必要ありません。男も日傘を差す時代なのですから。