日本製シルクスカーフブランド ドットワイのシルク100%スカーフ

ファッションブランド

エルメスのスカーフは何で高いのか?横浜スカーフとどう違う?

こんにちは。

シンフーライフのチーフバイヤー
青柳です。

シンフーライフで毎日と言って良いほど
売れている、人気のシルクスカーフ「ドットワイ」

シルク100%の日本製スカーフブランド ドットワイ フィレンツェ柄

たまにお客様から
「エルメスより”薄い”から質がよくない」
というようなご意見を頂きます。

しかしながら、そのご認識は全くの間違い。
エルメスが高額なのは、
色をこれでもかというくらい
沢山使っていますし、そもそも分厚いので
使っているシルクの量が多いこと。

加えて、ブランド代(広告宣伝費)です。

書籍「堕落する高級ブランド」によると
LVMHの2002年の広告費は
売上げの11%にあたる10億ドル以上にのぼるそう。

1ドル=120円として約1200億円です。

2002年の話で、今2017年ですから
もうちょっといってるかも知れません。

顧客はその分を上乗せした「ブランド料」を
払っているわけです。
私の考えでは、ここの負担相当高いと
思っています。
もっと細かく言えば、日本に運ぶための
送料や、関税などもプラスされてます。

しかしながら、その宣伝費のおかげで
エルメスというブランドの素晴らしさを
エルメスをもっていない
広いユーザーに認知させ、高いブランド力を
アピールすることが出来るので
エルメスをもつ人たちの株があがると
言うわけです。

もしドットワイブランドで、エルメスと同じ柄、同じ厚みの
スカーフを作る場合
エルメスの広告宣伝費を抜かしたとしても
1枚数万円には必ずなります。

ヨーロッパの気候は、気温が高くても
乾燥しているので
分厚いスカーフのほうが適しているのです。

それに比べ、日本では、高温多湿のため
あんまり厚手のスカーフだとむし暑く
快適でない場合もあるため
日本の気候に合わせた厚さに
考えて作られています。

ドットワイのシルクスカーフのように
薄手の生地にあれだけ
美しい発色で染められることが
日本の、世界に誇れる優れた技術のひとつであることは
余り知られていません。

・イタリアのコモ
・フランスのリヨン(エルメス作ってるところで有名)
・日本の横浜は
世界3大絹織物の産地と呼ばれ現在も高い品質のスカーフを
生み出しつづけています。

ドットワイは、そんな日本の技術を
フルパワーで生かした
とっても高品質のシルク100%スカーフなんです。

高品質の日本製、横浜スカーフブランド、ドットワイ

どうして、日本のスカーフ技術が
それだけ優れているのかは
次の日記でお話ししますね。

 

記事を共有

ピックアップ記事

  1. タトラスやモンクレールと被らない!おしゃれでかわいい高感度女性のための高級ダウン…
  2. 超有名ブランドに独占されたフランスのクチュールパール
  3. 【特別公開】世界トップクラスのシルクスカーフ(横浜スカーフ)染める日本の伝統職人…
  4. 250年の歴史。今年からストールはジョンストンズではなくジョシュアエリス」を選ん…
  5. イシカワブラシの石川和男氏がシンフーライフに来訪【その2】12万円でも「コスパ抜…

関連記事

  1. 知られざるシルクスカーフの世界

    横浜シルクスカーフ、2019秋冬新作がお目見え!

    2019年秋冬新作スカーフが入荷しました。この後も、ツイリー…

  2. ファッションブランド

    冬の防寒ブーツはUGG(アグ)のレインブーツで決まり!

    こんにちは!シンフーライフのバイイング担当、アラフォー独身のア…

  3. 入手困難!4週間待ちの奇跡の洋服ブラシ「イシカワブラシ」

    イシカワブラシ

    4週間待ちの洋服ブラシ「イシカワブラシ」は何故入手困難なのか?

    こんにちは。シンフーライフのバイヤー、青柳です。前回は、5…

  4. A4サイズが収納できる、おしゃれな日本製本革リュックサック (コモドプラスト ゲイル)

    ファッションブランド

    養殖モノのブランドバッグ?

    こんにちはヽ(•̀ω•́ )ゝ✧ブランドセレクトシンフーライフ…

  5. イタリア製バッグ|レディースA4

    ファッションブランド

    イタリア製バッグはなぜ高品質に見えるのか?

    青柳です。イタリア製のバッグといえば「革の質感が良い」ことで…

最近の記事

  1. 抗菌手袋
  2. スリッポン
  3. 高級洋服ブラシ
  4. 日傘 レース 長傘
  5. 晴雨兼用パンプス

おすすめの記事

  1. 父の日にプレゼントを贈るとお父さんが予想以上に喜ぶ理由とは
  2. これひとつで足元が見違えるハレの日パンプス
  3. ヒールが高いのに疲れないコンフォートなブーツがスペインから入…
  4. 2019年クリスマス、大切な彼や旦那様への贈り物は、もうお決…
  5. 「疲れない、でもオシャレなブーツ」は冬の女性の毎日の必需品。…

アーカイブ

  1. 知られざるシルクスカーフの世界

    横浜シルクスカーフ、2019秋冬新作がお目見え!
  2. イシカワブラシ

    イシカワブラシが便利すぎる。クリーニングに出さずにカシミなど高級コートを長持ちさ…
  3. 知ってると得なファッション雑学

    結婚式で足が痛くなる女性のためのヒール対策ベスト3
  4. キャリアウーニャンの恋愛心理学講座

    【第49話】男性を気持ちよく望む方向に導く方法とは?その2
  5. ファッションブランド

    エルメスと同じ伝統のプリント。2020春の新作シルクスカーフが入荷しました。
PAGE TOP