ファッションブランド

寒い冬の結婚式を暖かく過ごしたい女性必見!金賞の極暖ボレロとは!?

はじめまして。

エレガントな大人の女性を目指す男勝りなアラサー女子
シンフーライフWeb担当の橋本です。

今年は秋が短く、
あっという間に冬が来てしまいましたね。
突然の気温の変化に体調を崩されていませんか?

寒さは女性の大敵ですよね。

それなのに、
「ジューンブライドとはなんなのか」と言いたくなるほど
11月〜12月に行われる結婚式が多い!

最近はオリジナルウェディングブームで、
ガーデンでの演出や、屋外を利用した特別な演出が増えていて、

今までにない結婚式はとても楽しいのですが・・
「寒いよー!!(身も心もお財布も)」

幸せで楽しい時間には、苦痛がともなうものなのでしょうか!?

いえいえ、そんなことはないはずです。

冬の結婚式でも、
「寒さを忘れて思いっきりお祝いしたいし、自分も楽しみたい!」
(ここだけの話、暖かい服装で過ごしたい・・。)

でも、
「結婚式なので華やかに、マナーのあるエレガントな大人の女性でいたい。」

すべて叶えるにはどうしたら良いか・・、
月末に友人の結婚式を控えている私が真剣に考えてみました。

寒さ対策に悩んでいるあなたのお役にも立てますと幸いです。

なぜパーティードレスは季節問わず半袖やノースリーブが多いのか

冬の結婚式に着ていくドレス。
あなたはどのようなものをお持ちでしょうか?

私は、ベージュのフォーマルなワンピースか、
パープルのベロアのフォーマルドレスどちらかなのですが、
どちらもノースリーブです。

「なぜパーティードレスは季節問わず半袖やノースリーブが多いのー!?」

と叫びたくなりますが、
これはフォーマルシーンでのマナーや
装いの美しさをまもるために仕方がないことなのだそうです。

そう考えると
エレガントな装いを目指すのであれば、長袖のドレスは避けて
羽織りもので寒さ対策をするしかありません。

結婚式で理想の羽織りものとは

しかし、
ドレスと一緒においてあるボレロは、どれも薄地ばかり・・・
確かにレース柄はエレガントで素敵ですが、
暖かさを求めてはいけない気がします。

他に羽織りものというと、
ニットカーディガンが思い浮かびます。

着てみるとカーディガンは腰のあたりまで長さがあるため、
せっかくドレスがつくってくれた女性の美しいラインが隠れてしまい台無しです。
少しカジュアルな印象で、フォーマルシーンにはふさわしくない気もします。

結婚式での理想の羽織りものは

●かたちは、ドレスの美しいラインを魅せるボレロ
●素材は、暖かいニット。それもカジュアルに見えない高品質なもの

だと思います。

でも、
そんな理想の羽織りものは

ないんです・・・!!

美意識の高い女性たちの声から生まれたカシミヤ100%ボレロ

なかったので、

シンフーライフで作りました!!

「ありがとうー!!」と一番喜んでいるのは、たぶん私です。

カシミヤ100%と言えど、
ただのカシミヤではありません。

カシミヤヤギの内側に生えている希少な産毛だけを使っています。
品質の高さは「10段階のカシミヤ国際指標」のトップレベルで大量生産不可能な一級品です。

私はカシミヤ専門家ではありませんが、
この暖かさは本物だということはわかります!

一番気に入っているのは、ボレロの袖の部分がリブ編みになっている点です。

腕が細長く見えるんです。
お食事中も袖が邪魔にならず美しい所作ができます。

肩周りはふんわりしているので、メリハリがついて、
ドレスのシルエットときれいにマッチします。

結婚式が終わった後、カジュアルにも着こなせる

11月〜12月の結婚式や、クリスマスのイベント、食事会、セレモニーが一通り終わったら
普通のボレロはクローゼットでしばらく長期のお休みに入りますが、
こちらのカシミヤボレロなら、カジュアルシーンでもフルに大活躍!
休みなしの働きものです。

これこそ大人の女性が求める優秀な羽織りものですね。
寒さに悩むあなたのお役にもたてますように。

カシュビアンコ カシミヤ100%ボレロ 詳細はこちら

記事を共有

それって、ボッテガ?ラグジュアリーブランドのイントレチャートバッグと同じレザーのバッグ前のページ

アラフォー女性必見のレザーアウター!イタリア製の本革ジャケットがなぜこの価格で手に入るの?次のページアラフォー女性におすすめの本革ジャケット

ピックアップ記事

  1. 一度履いたら離れられない「ニューイタリアシューズ」の人気サンダルが再入荷
  2. 超有名ブランドに独占されたフランスのクチュールパール
  3. 老眼眼鏡はなくしやすいから眼鏡チェーンは必須。大切な人にはおしゃれで上質な眼鏡チ…
  4. 【特別公開】世界トップクラスのシルクスカーフ(横浜スカーフ)染める日本の伝統職人…
  5. 日本の「女性向けビジネスバッグが進化しない」残念な理由とは

関連記事

  1. LIBERTY BLACK ウエスタンブーツ

    ファッションブランド

    コンフォートなウエスタンブーツ!アメリカンセレブ達が虜になるブランド

    こんにちは。シンフーライフのバイイング担当、あおやぎです。その…

  2. CALIMAR(カリマール)の通販 おすすめコーデ、着こなしの紹介

    ファッションブランド

    上質ニットを知る人ならわかる、イタリアブランド「カリマール」の魅力

    青柳です。なんだか今年は秋の到来を感じる余裕もなく、寒さが…

  3. ドットワイ 横浜スカーフ 手捺染 工程 職人 作業風景

    ファッションブランド

    【特別公開】世界トップクラスのシルクスカーフ(横浜スカーフ)染める日本の伝統職人技とは

    リュクスな光沢感と鮮やかで繊細な発色やわらかく滑らかな肌触りのシルク…

最近の記事

おすすめの記事

  1. 【日本製】プロも愛用!ひんやり効果ありの冷感アームカバー
  2. 大人の品格!サルトルのロングブーツを真冬コーデのお供に
  3. 何が違う?ジョシュアエリス(Joshua Ellis)とジョ…
  4. おしゃれな高級ギフトをお探しの方へ。イタリア「PASOTTI…
  5. 父の日にプレゼントを贈るとお父さんが予想以上に喜ぶ理由とは

アーカイブ

  1. ファッションブランド

    冬の防寒ブーツはUGG(アグ)のレインブーツで決まり!
  2. キャリアウーニャンの恋愛心理学講座

    【第31話】女性の「今、恋愛に興味ないんで」は本当か?後編
  3. キャリアウーニャンの恋愛心理学講座

    【第15話】恋人のいる男性のほうが振り向いてくれやすい理由 その2
  4. メンズ革靴

    メンズアイテム

    彼と旦那が見違える。アメイジングな革靴が登場
  5. 2022年福袋バナー

    未分類

    22年、福袋ご予約開始中!
PAGE TOP