知られざるシルクスカーフの世界

【横浜スカーフ工場見学その1】世界トップクラスの技術を直々に堪能

こんにちは。
ブランドセレクトシンフーライフ
チーフバイヤーの青柳です。

先週末、横浜にある
スカーフのプリント
(捺染)工場を訪れました。

2018年春にリリースする
ドットワイのスカーフの
新作を印刷する
様子を撮影するためです。

ドットワイのスカーフは
機械を使わない
「手捺染(てなっせん)」と呼ばれる
技法でプリントしています。

フランスのリヨン、イタリアのコモと
並んで、「世界最高峰の技術」と
賞される横浜の手捺染技術

エルメスのスカーフは
リヨンの工場でプリントされているんですよ。

「手捺染」はフランスでは
「シルクスクリーン」と呼ばれ
印刷の仕方はほとんど同じ。

この技術を使うことによって
薄い生地でもクリアーな発色と
透明感のある美しい
スカーフを生み出すことが出来ます。
表と裏の区別がつかないところも
この技法の特徴。

それでも、生地が厚手にればなるほど
裏と表の区別がつきやすくなるので
エルメスのスカーフは
裏と表が結構わかりますよね。

薄いスカーフで表と裏の区別が
つく場合は手捺染ではなく
インクジェットなどで
印刷していると判断出来ます。

昔からのこの技術を現在も
手作業で永続させているファクトリーは
とても少ないです。

とても手間がかかるからです。

そもそも、
デサインの作成後から印刷までには
とても沢山の作業が必要です。

まず、原寸大(90cmx90cm)の
型(版と呼ばれる)を作ります。

それぞれの版(はん)にはこのように
1色ぶんの模様が刻まれています。

これは1版、1色分。

8色で構成されたスカーフの場合は
8枚の版が必要になります。
版は、1枚で十数万円の費用がかかるため
色数が多いほど型代も手間もかかることに
なります。

次に、カラーの原料を作ります。
工場には、このように
おびただしい数の染料のデータの
ストックがあります。
この中から指定のカラーを
調合してつくります。

ひとつのスカーフを印刷する前から
デザイナー、版をつくる職人さん、
カラー職人さんなど
多くの職人さんの手が
かかわります。

そしていよいよ
シンフーライフの
ドットワイ のスカーフ(春の新作)の
プリントが始まります。

今年の春夏デザインの中のうちの
1枚、「ポジターノ」。

イタリアの人気リゾートを
モチーフにした
デザインのスカーフです。

とってもステキなデザインです(*’∀’人)♥*+

まずは模様のずれが許されないため
版の位置を入念にチェックします

1色目の版を台にのせ、染料を下に流します。

そのあと、
1枚ずつ版画の様に
力強く、均等に上から下へ
押して印刷します。
これを50回(50枚分)繰り返します。

まだ始まったばかりです。

次回も、青柳が撮影した
写真とともに
捺染印刷の流れを
紹介したいと思います。

記事を共有

ピックアップ記事

  1. イタリアからやって来た、質も使いやすさもトップレベルのイントレチャートレザーリュ…
  2. 250年の歴史。今年からストールはジョンストンズではなくジョシュアエリス」を選ん…
  3. 新型コロナの影響で静かに品薄のビニール傘。これを機会に「使い捨てない傘」に切り替…
  4. タトラスやモンクレールと被らない!おしゃれでかわいい高感度女性のための高級ダウン…
  5. 首にマフラーを巻くだけで、免疫力がアップする?賢い大人の女の風邪予防法とは。

関連記事

  1. 知られざるシルクスカーフの世界

    エルメスと同じ。世界トップクラスの染色技術でつくる日本製のシルクスカーフ

    シンフーライフで取り扱っているスカーフブランド「ドットワイ」「キ…

  2. 日本製シルクスカーフブランド ドットワイのシルク100%スカーフ

    ファッションブランド

    エルメスのスカーフは何で高いのか?横浜スカーフとどう違う?

    こんにちは。シンフーライフのチーフバイヤー青柳です。…

  3. シルクスカーフの洗い方サムネイル画像

    知ってると得なファッション雑学

    シルクを傷めずに自宅で洗濯!スカーフの洗い方【保存版】

    首元に巻いたり、バッグに巻いたり・・・お気に入りなスカーフほど、シワ…

  4. 上質なシルクスカーフブランド ドットワイ

    知られざるシルクスカーフの世界

    横浜スカーフブランド ドットワイ(.Y)新作スカーフの撮影をイタリアで

    こんにちは!シンフーライフのチーフバイヤー、青柳です。イタリア…

  5. スカーフアレンジ、バッグのアクセントとして

    未分類

    夏スカーフ「首巻き」以外のオシャレな使い方とは?

    東京では、火曜日に今年最初の真夏日を記録。いよいよ本格的な夏が…

最近の記事

  1. カペリロッシサンダル
  2. 横浜スカーフ
  3. スカーフアレンジ、バッグのアクセントとして
  4. スマートにできる男の演出に最適なミニマルサコッシュ
  5. イントレチャートスリッポン

おすすめの記事

  1. スーツに似合う!レディースデザインの大人リュック
  2. 父の日にプレゼントを贈るとお父さんが予想以上に喜ぶ理由とは
  3. これひとつで足元が見違えるハレの日パンプス
  4. ヒールが高いのに疲れないコンフォートなブーツがスペインから入…
  5. 2019年クリスマス、大切な彼や旦那様への贈り物は、もうお決…

アーカイブ

  1. ファッションブランド

    A4入る、軽い、畳める。働く女性のための「理想形」お仕事ナイロントートバッグ P…
  2. 買い付け日記

    2018年春夏の靴とバッグを買い付けにイタリアの展示会へ
  3. キャリアウーニャンの恋愛心理学講座

    【第60話】モテる男しか興味がない女性は幸せか?その3
  4. 未分類

    スマホ対応!おしゃれでかわいいイタリアのレザー手袋
  5. 未分類

    日本では知名度なし、けれど欧米ではセレブ御用達の「プーラロペス」新作ブーティとパ…
PAGE TOP