知られざるシルクスカーフの世界

「ドットワイ」横浜スカーフ業界の現在とご愛用者のレビューを紹介

シンフーライフのオリジナルである
スカーフブランド「.Y(ドットワイ)」

本日は、.Yブランドがうまれた理由の
「横浜スカーフ」のものがたりから始まります。

その昔、ペリー来航により開港、
国内随一の港町と栄えた横浜。

ペリー来航時の横浜
※AIで作成した画像です

その横浜で、産業として栄華を築いた文化の1つに
シルク製品の製造、輸出がありました。

ヨーロッパの富裕層が多く訪問&滞在する横浜では
横浜で作られたシルクのドレスやハンカチが大人気。

いっときは、シルクの輸出量世界一を誇っていたそうです。

当時の流行
※AIで作成した画像です

横浜スカーフもその流れの中で誕生しました。

しかし時代はいつの日も変わりゆくのが常。

戦争、関東大震災、第二次世界大戦による敗戦…
日本人にとって数多くの大きな困難が訪れた後、

目覚ましい高度経済成長を遂げた日本ですが
若者たちは海外ブランドに飛びつき、
国内のシルクスカーフ、優れた製品である横浜スカーフの
技術と知名度は右肩下がりに縮小していきます。

横浜スカーフは「手捺染」という技術で版画のように
一色一色、原寸大のスカーフに色をつけていきます。
英語では「シルクスクリーン」と呼ばれており
エルメスも、この技術でいまもスカーフを刷っています。

とくに海外と違い、日本の気候に合わせた
薄いシルクスカーフの生地に染色できる技法は
日本だけが誇れる唯一の技術です。

横浜スカーフの工場風景
※アズロッソスタッフ撮影

この作業には力も神経も
大量浪費が伴う肉体労働なうえ
スカーフを置く鉄板から暖かい蒸気が常に出ているため
真夏の工場内は40℃近くになり、過酷な作業です。

そんな重労働のため若い職人のなり手も少なく
職人さんの高齢化が進み
廃業を余儀なくされる工場が後を経ちません。

エルメスのスカーフはフランスのリヨンで製造されており
日本の横浜、イタリアのコモとともに
世界三大織物の生産地として認識されていますが
日本の横浜スカーフは衰退の一途を辿っております。
コロナの影響も大きかったです。

実は、シンフーライフがずっとドットワイの捺染を
お願いしていた工場も、コロナの影響で
2022年に、廃業してしまいました。

廃業のお知らせを聞いたときは
ドットワイのスカーフがもう作れなくなってしまうのかと
とてもショックで落ち込みました。

しかし幸運にも、その工場でお世話になっていた方が独立
いままでと同じようにスカーフを作ることができるように
鳥は飼ってくださり
長期間の紆余曲折を経て、やっと最近
新しい横浜の捺染工場に繋いでいただくことができるようになりました。

ただ、工場が変わってしまうため
今までと同じ色味を出して頂くのに
時間がかかってしまいます。
調整を現在も行っております。

ブランド名のドットワイの「Y」は横浜スカーフの「Y」です。
戦後衰退の一途をたどる横浜スカーフ。
素晴らしい技術であり
大切にしていくべき日本の財産であるということを
一人でも多くの方に知っていただきたいという思いから
この名前がつけられました。

たくさんの方に、使っていただくことにより
横浜スカーフ産業をまた盛り上げたい。
そんな思いを込めて誕生したブランド。

エルメスを始めとした海外ブランドのスカーフが
厚手なのは、ヨーロッパの気候が夏でもカラッとしているからです。

高温多湿の日本であの厚手のスカーフを身に着けたら
暑苦しくてつけていられないので
あえて薄めの生地でつくられているということは
あまり知られてない事実です。

横浜スカーフ

ドットワイのスカーフのデザインは
すべてシンフーライフ専属のデザイナーが描いています。

一人の女性が、世界を旅して見てきた景色。
主人公はスカーフを身につける貴方です。

それぞれのスカーフには、
世界遺産やその国を象徴する動物などが
アーティスティックに描かれています。

あ、この国いったことある、見たことある
行ったことはないけれど、こんな素敵な建物があるなら
行ってみたいな、等々
世界旅行をしている気分が楽しめます。

今日は、アミーチが投稿してくれたレビューと共に
人気のデザインを中心に紹介します。

 

【ウズベキスタン・サマルカンド】
【お客様レビュー】
発色のいいブルーで、ネイビーのワンピースに映えます。
柄の中にさりげなくブランドのロゴが入っているところもいいですね。
アート作品を身につけているようで気分が上がります。

サマルカンド 横浜スカーフ 日本製 シルクスカーフ 大判 スカーフ 正方形
商品ページをチェック

 

【トルコ・イスタンブール】
【お客様レビュー】
他にはないスタイリッシュなデザインで、
猫好きの母も喜んでくれました

イスタンブール 運命の交差点 .Y ドットワイ シルクツイルスカーフ 横浜スカーフ 猫 日本製
商品ページをチェック

 

【フランス・パリ】
【お客様レビュー】
パリをデザインした素敵なスカーフです!
エッフェル塔のシルエットが存在感抜群。
世界を魅了する日本の横浜スカーフ、さすがです!

パリの目覚め .Y ドットワイ シルクツイルスカーフ 横浜スカーフ 日本製
商品ページをチェック

 

【オーストリア・ウィーン】
【お客様レビュー】
HPの写真を見た際は鮮やかすぎるかな?と思っておりましたが、
実際に巻くとブルーとイエローのバランスが良く、素敵です。

シルクスカーフ ウイーン 栄光の昼と撤廃の夜 ドットワイ .Y 横浜スカーフ 日本製
商品ページをチェック

 

【イタリア・フィレンツェ】
【お客様レビュー】
こちらのブランド(.Y ドットワイ)のスカーフは、 どれもデザインが独創的で素敵です。
専用のパッケージもスタイリッシュで、 このまま贈り物にしても喜ばれそうですね。
また新しいデザインが出たら購入を検討したいです。

フィレンツェの春 .Y ドットワイ シルクツイルスカーフ 横浜スカーフ 日本製
商品ページをチェック

 

【スペイン・バルセロナ】
【お客様レビュー】
商品の紹介ページにもありましたが、
幾何学模様のスカーフはカチッとしたビジネスシーンに
合うイメージで、あまり惹かれるデザインと出会わないのですが、
こちらは幾何学模様の使いやすさや華やかさがありつつ、
一枚の絵としてもとても楽しいです。
カチッとしたシャツに合わせても格好良さそうだし、
ニットの差し色にしても、シンプルなワンピースと
合わせても素敵になりそうです。

迷宮のバルセロナ .Y ドットワイ シルクツイルスカーフ 横浜スカーフ 日本製
商品ページをチェック

 

【オランダ・アムステルダム】
【お客様レビュー】
特に世界の有名な都市をモチーフにしたこのシリーズは、
エルメスなどにも負けない素晴らしさです。

チューリップの夢を見たアムステルダム 横浜スカーフ シルクツイル 花柄 日本製
商品ページをチェック

 

【イタリア・ポジターノ】
【お客様レビュー】
サンセットオレンジ&ライムを購入しました。
ずっと気になっていたデザイン、写真より実物のほうが素敵でした。
ドットワイのシリーズは他にないデザインばかりで特別感があります。
オレンジを見せて差し色に、ライムを見せて春の装いに…と使うのが楽しみです。

窓越しのポジターノ .Y ドットワイ シルクツイルスカーフ 横浜スカーフ 日本製
商品ページをチェック

 

【カナダ・ローレンシャン】
【お客様レビュー】
夏前にメイプルレッドを購入。
ターバン巻きにしたり紫外線や冷房対策に使ったりと活躍中。
大判のスカーフは使い易いです
横濱老舗の同価格帯の物と比べると縁かがりや生地の厚み等には
些か差がありますが、鮮やかで個性的な色柄は身に付けて楽しく、
褒めていただく事も多いです
友人へのプレゼントにも別の柄を買いました。

ローレンシャン 鳥と白樺 .Y ドットワイ シルクツイルスカーフ 横浜スカーフ 日本製
商品ページをチェック

 

【カナダ・ケベック】
【お客様レビュー】
去年の誕生日(54歳)、夫に、こちらのショップの
イスタンブール・ミナレットイエローを買ってもらい
気に入って使っていたので、今年は自分で購入。
日本製、品質は信頼できるショップなので、
あとはデザインをどれにしよう、悩みに悩んで優しい
色合いのこちらに決めました。素敵で大満足。

フレンチロマネスク ケベック .Y ドットワイ シルクツイルスカーフ 横浜スカーフ 日本製
商品ページをチェック

 

ドットワイスカーフ、スカーフリング、ストール一覧は
こちらからどうぞ

横浜スカーフ「ドットワイ」商品一覧はこちら

記事を共有

幸運を呼ぶ秋財布「一粒万倍日」に手に入れよう!前のページ

水をはじく!日本製のレザー手袋が限定価格!新着バッグやストールも入荷次のページ

ピックアップ記事

  1. 冬コート選びの基礎知識!「ウール」と「バージンウール」は全然違うんでございますよ…
  2. 新型コロナの影響で静かに品薄のビニール傘。これを機会に「使い捨てない傘」に切り替…
  3. ムーレーのメンズダウン「バルビエリ」の魅力を熱く語る!
  4. 有名ブランドがこぞってあの国のレザーを使う理由
  5. 250年の歴史。今年からストールはジョンストンズではなくジョシュアエリス」を選ん…

関連記事

  1. 知られざるシルクスカーフの世界

    横浜シルクスカーフ、2019秋冬新作がお目見え!

    2019年秋冬新作スカーフが入荷しました。この後も…

  2. シルク100%スカーフ 日本製の横浜スカーフ

    知られざるシルクスカーフの世界

    日本人はなぜ売り切れた「ない色」をほしがるの?

    先日、エルメスのサプライヤーとして長きにわたり活躍されていたフ…

  3. シルクスカーフ 日本製

最近の記事

おすすめの記事

  1. 【日本製】プロも愛用!ひんやり効果ありの冷感アームカバー
  2. 大人の品格!サルトルのロングブーツを真冬コーデのお供に
  3. 何が違う?ジョシュアエリス(Joshua Ellis)とジョ…
  4. おしゃれな高級ギフトをお探しの方へ。イタリア「PASOTTI…
  5. 父の日にプレゼントを贈るとお父さんが予想以上に喜ぶ理由とは

アーカイブ

  1. ストール

    新作!レアな再入荷!カシミア最高峰ブランド「ジョシュアエリス」をご紹介
  2. キャリアウーニャンの恋愛心理学講座

    40代女性の婚活戦略・その1【第11話】
  3. イシカワブラシ

    イシカワブラシが便利すぎる。クリーニングに出さずにカシミなど高級コートを長持ちさ…
  4. 買い付け日記

    2018年春夏の靴とバッグを買い付けにイタリアの展示会へ
  5. スマホ対応より使いやすい、エコファー付きラムレザーで作った上品なフィンガーレス手袋

    未分類

    今年は豊富に入荷!スマホ対応の上質グローブ
PAGE TOP