ストール

イヌイエディションズの魅力を徹底解説。注目ブランドのバッグやストールもご紹介

こんにちは!
セレクトショップ・シンフーライフの玄です。

本日ご紹介するのは
人気急上昇中のフランスのブランド
INOUI EDITIONS イヌイエディションズ
(以前は「INOUITOOSH イヌイトゥーシュ」という名前でした)

ヨーロッパではリゾート地のブティックなんかでも取り扱いのある
知る人ぞ知るブランド。
(私もギリシャのある島のブティックで実際に見たことがあります)

最近ではパリ発の大人気アパレルブランド、「セザンヌ」とのコラボも大きな話題を呼びました。

恐らくこのページにたどり着いたあなたは、
イヌイエディションズ、ちょっと気になってる・・・
という方が多いのではないでしょうか。

日本でもセレクトショップ等でじわじわと人気が出ていますが、
まだあまり知られていないのも事実。
今回はそんなイヌイエディションズの魅力をたっぷりご紹介します。

 

イヌイエディションズのアートなバッグやストールが生まれる場所とは

 

イヌイエディションズのトレードマークと言えば
芸術作品のようなストールやバッグ。

フランスらしいエスプリの詰まった色彩豊かなデザインは、
ただ可愛いだけでなく神話や伝統的なテキスタイルからインスピレーションを受けたストーリーのあるものも。

特に、ブランドが得意とする愛くるしい動物を芸術的なタッチで描いたストールは、
とってもかわいいのにポップになりすぎず品があって、もはやアート作品級。

このアニマルプリントのとりこになっているイヌイファン多しです。

そんな芸術的なアイテムが生まれるのは、
北フランスの美しい自然に囲まれたアトリエ。

素晴らしいデザインが浮かんでくるのも納得の素敵なアトリエですよね。
インスピレーションが湧いてきそう。

とはいえ、毎シーズン膨大なデザインを生み出すのはまさにプロの生業。
一枚一枚、手作業でデザインが生み出されていく姿には圧巻です。

こちらはイヌイエディションズの看板デザインの一つともいえる柄で、
Toile de Jouy(トワル・ド・ジュイ)というフランスの伝統的な柄をモチーフにしたもの。

同じくフランスにあるトワル・ド・ジュイ美術館とのコラボ作品です。

トワル・ド・ジュイは自然や神話の風景をロココ絵画のように描いた、
マリーアントワネットも愛したと言われる18世紀の布地で、
フランスにおける重要なテキスタイルの1つ。

他にもフランス国立図書館とのコラボを展開したり、
自国の伝統的な芸術をモダンなファッションアイテムに落とし込んでいるブランドとして、
高い評価を受けています。

トワルドジュイがそのままバッグになったようなキャンバストート

イヌイエディションズ トートバッグ INOUI EDITIONS Toile de Jouy(トワル・ド・ジュイ)トートバッグ
商品ページをチェック

先ほどご紹介したトワルドジュイのバッグ。
サイドにも計算されたプリントが施され、360°どこから見ても美しいバッグです。

 

イヌイエディションズの人気バッグをご紹介

イヌイエディションズ・マリン柄巾着トート

イヌイエディションズ コットンキャンバストートバッグ INOUI EDITIONS
商品ページをチェック

線描画のようなタッチで描かれた広い海と雲。
シンプルなのに、1点投入するだけでおしゃれ感抜群。
巾着タイプなのも◎

イヌイエディションズ・A4対応アニマルキャンバストート

イヌイエディションズ コットンキャンバストートバッグ INOUI EDITIONS
商品ページをチェック

チーターにゼブラ、トゥークンバード。それぞれお茶目な表情が可愛い
アニマルプリントのキャンバスバッグ。
荷物もたくさん入るし持ち手も調整可能で、機能性も抜かりなし。

 

 

イヌイエディションズと言えば、ストールも忘れてはなりません!

 

イヌイエディションズのもう一つの代表的なアイテムと言えば、ストール。

一枚の絵のような仕上がりながら、巻いた時にいろんな見せ方ができるよう
計算されて作られています。

デザインの美しさはもちろん、こだわりぬいた素材も魅力的。

手作業から始まり丹念に作られたデザインは、
織物や染色において世界屈指の技術を誇る、インドでストールに生まれ変わります。

ごわごわすることの一切ない天然繊維を使用しているので、
肌触りが良いのはもちろん、デザインの邪魔をしないすっきりとした生地感。

特にコットン100%のストールは、春夏は冷房除けUV対策・秋冬は防寒にと一年中大活躍。

ウールやカシミアを使用していても、
ボリューミーでぽてっとした印象にならず、
暖かいのに上品に着こなしていただけます。

夏用のストールにはリネンやコットン、シルクもありますし
日本ではあまり見かけませんが、
夏のバカンスがとっても大切なヨーロッパ圏では
ビーチタオルやビーチラグなどのリゾートコレクションも大人気だとか。

 

イヌイエディションズ 春~夏におすすめのストール

 

ナチュラル素材のストールは、さらっと軽い生地感なので
暑い日本の夏でも安心。
クルクル小さく折りたたんでバッグに入れておけば、冷房除けや日よけとしておしゃれに大活躍。
お首や肩回りにサッと巻いて日焼け対策にも。

牧歌的な動物たちを描いたタペストリーのようなストール


商品ページをチェック
素材:コットン100%

巻くだけで清涼感抜群なマリン柄ストール


商品ページをチェック
素材:コットン100%

バカンスを思わせる印象画のようにドリーミーなストール


商品ページをチェック
素材:コットン70%・リネン30%

お花畑に集うチーター。巻くと花柄にもアニマル柄にも。


商品ページをチェック
素材:コットン100%

大人気のクジラストール


商品ページをチェック
素材:コットン100%

ふわふわの毛並みを見事に再現したアニマルストール


商品ページをチェック
素材:コットン100%

 

去年からついにフランス本国から来日が叶い、
ブランドのセールス担当者と直接お話しできるように。

セールスディレクターのロールさんにいろいろと質問中の1カット。

フランスらしさ満点のカラフルな作品に囲まれた展示会場。
毎シーズン何か欲しくなってしまいます・・・

なんてことない白シャツやTシャツに合わせるだけで一瞬でおしゃれな装いになり、
一枚あれば長い期間大活躍のイヌイエディションズのストール。

 

秋冬のストールはこちらでご紹介しています。

イヌイエディションズ商品一覧はこちらからどうぞ。

 

記事を共有

イヤーカフが落ちると悩む女性必見。落ちにくくて痛くない日本生まれのイヤーカフ前のページ

夏肌を守る!お首の紫外線対策&シワ予防にはスカーフが有効次のページ

ピックアップ記事

  1. カシミヤにもグレードあり。値段に踊らされない 正しい選び方とは?
  2. イシカワブラシの石川和男氏がシンフーライフに来訪【その2】12万円でも「コスパ抜…
  3. 靴下がすぐ縮むのに困ってる?ならソウキの靴下がオススメ!【高級靴下紹介】
  4. イタリアからやって来た、質も使いやすさもトップレベルのイントレチャートレザーリュ…
  5. パッチワーク好きが満足。本当に使い勝手の良い本革長財布【スタッフ使用感レビュー】…

関連記事

  1. バッグ

    シンプル派も多機能派も!通勤に欠かせないトートバッグが揃いました

    つい最近、仕事用バッグを新調しようとスタッフと話していたところ…

  2. 軽い、大容量!Comodo plustの本革トートバッグ

    バッグ

    バッグ業界の異端児ブランド「コモドプラスト」特集

    今年も残すところ、あと1ヶ月。年に数回おこなっていた海外ブ…

  3. ジュエリー

    イヤーカフが落ちると悩む女性必見。落ちにくくて痛くない日本生まれのイヤーカフ

    こんにちは!セレクトショップ・シンフーライフの玄です。毎日…

  4. バッグ

    新作!装いに抜け感をプラスする洗練バッグが届きました

    日中は暖かい日も増え、やっとアウターがなくても過ごせる気候にな…

  5. 新人スタッフの商品紹介

    シルクスカーフが体調不良と、コーデのマンネリ化を救う?

    シンフーライフのこばやしです。そろそろ日中暖かいと…

  6. バッグ

    美・ミニマリストリュックのすすめー快適な旅行をしたいすべての女性に。

    こんにちは。シンフーライフの玄です。突然ですが、「ミニマリスト」っ…

最近の記事

おすすめの記事

  1. 【日本製】プロも愛用!ひんやり効果ありの冷感アームカバー
  2. 大人の品格!サルトルのロングブーツを真冬コーデのお供に
  3. 何が違う?ジョシュアエリス(Joshua Ellis)とジョ…
  4. おしゃれな高級ギフトをお探しの方へ。イタリア「PASOTTI…
  5. 父の日にプレゼントを贈るとお父さんが予想以上に喜ぶ理由とは

アーカイブ

  1. 知られざるシルクスカーフの世界

    ドットワイスカーフ・2018年秋冬新作柄、一足先にお見せします。
  2. 新人スタッフの商品紹介

    下着や洋服は洗うのに、靴を洗わないのはおかしい。お気に入りの靴は定期的にクリーニ…
  3. ファッションブランド

    ココ・シャネルとパールの関係 後編
  4. キャリアウーニャンの恋愛心理学講座

    【第32話】男として見ていない女性を振り向かせる方法(職場編)
  5. 知ってると得なファッション雑学

    何気なく使い捨てているビニール傘が環境汚染を拡大している件
PAGE TOP