花以外の母の日プレゼント|50代、60代、70代、80代のお母さん・義母(義理の母親)へ

いらっしゃいませ $LAST_NAME$ 様(会員ステージ:$MEMBER_STAGE_NAME$)

カートを見る

自立した女性とともに歩むセレクトショップ 通販 シンフーライフ

海外のメゾンから王室御用達、ファッショニスタに愛される、知られざるインポートブランドまで。おしゃれ感度の高い自立した女性を応援するファッションスタイルを提案します。

【母の日(5/12)お届けご希望のお客様へ】 |母の日(5/12)までに配送ご希望のご注文は5/8(水)午前10時 までにお願い致します。(※一部商品除く ) 今年は超大型連休の翌週となりますため、各配送業者の大幅な遅れが予想されます。 通常よりもお時間がかかる可能性がございますので、お早めのご注文をおすすめしております。
母の日専用ラッピングバナー
母の日専用ラッピング
会員登録のすすめ
誕生日、母の日など、特別な日を彩るシンフーライフのギフトラッピング
在庫1個2個アイテム
再入荷なし・在庫限りアイテム
週末限定セール
vipシステムについて
プレミアムゲストミーティング開催報告
レビューで50ポイントもらえる
ロングセラーアイテム
売筋ランキング
誕生日、母の日など、特別な日を彩るシンフーライフのギフトラッピング
メールマガジン
ワンコのコラム登録
アウトレット
配送トラブルゼロを目指して
シンフーライフが高品質なインポートブランドを 直輸入価格で販売できる理由
当店の商品のリース、衣装貸し出しレンタルについて(スタイリスト・商業者様用)
悪質サイトにご注意ください

カテゴリトップ > 母の日特集2019 > お花以外の母の日プレゼント

母の日特集2019

2019年の母の日は10連休のあと!ということは?

言われて気づいた!と思う方が多いと思いますが、ことしの2019年の母の日(5/12)は、GWと母の日の注文ピークが「まるかぶり」。 お花屋さんも、母の日アイテムを取り扱うお店では、注文タイミングを間違えると、母の日にプレゼントが間に合わない!なんてことにもなりかねません。そんな事態がおこらないように、今年の母の日の御祝は前倒しで計画を進めておきましょう!

今年もまもなく、母の日がやってきます。母の日は、毎年5月の第2日曜日です。2019年の母の日は5月12日(日)です。
どんなプレゼントがいいのかなと考える日々は楽しくもあり、悩ましくもあります。
「でもやっぱり、今年もお花かな」と多忙な生活の中でついつい妥協してしまう私がいる。そう思った人たちが全国にどれだけいることでしょうか。

母の日に「お花」を贈る人は80%以上!

実際に、カーネーションを中心に母の日には、母親にお花のプレゼントを贈る人が80%以上に上るというのが母の日のプレゼントのデータのようです。
以前、百貨店のバイヤーから聞いた話では、残りの15から20%がスイーツやファッション雑貨などを贈るそうで、どれだけお花のプレゼントが圧倒的かがわかります。

でも…。本当にお母さんは、母の日に「お花」が欲しいのでしょうか?

でも、本当に母親がお花で喜んでいると自信を持って答えられる人って何割なんでしょうか?
気持ちとは言え、実の母親ですから、本音で喜んでほしいところ。お義母さんの場合は・・もっと慎重に事を運びたいですよね。
もらう側の気持ちに立ったデータでは、もらってうれしい贈り物に花は上位にはいらないようです。
「手入れが面倒」
「枯れたときに捨てるのが切ない」
「花粉アレルギーだし。」
などあまり喜んでいるという声は聞こえてきませんでした。
それでも、8割以上がお母さんにお花を贈るということは、いかに母の日にはお花を贈ると言う固定観念が根ざしているか、また忙しく考えずにとりあえずお花を贈るということを続けてしまっているかがわかります。

母の日のプレゼントで「花以外」を調べている人は多いんです。

お花のプレゼントの中では、生花が圧倒的ですが、プリザーブドフラワーや、アートフラワーも少しずつ増えているそうです。
枯れない、手入れも面倒でないという意味では、工夫されたプレゼントですよね。じゃあ、花以外で何か素敵なものを。。
花以外…となると、贈る人も贈られる人も千差万別、悩ましい選択の始まりです。
息子や娘からすると実は何十年も一緒にいたお母さんの趣味や好みをちゃんと理解していないなんてこともよくある話。
お義母さんならなおさらです。息子は確実に母親の好みを理解していないと思って間違いありません(笑)
子育てが終わり、独身時代には遊びまくっていたお母さんが、またイキイキとしだして、子供にはその豹変ぶりに驚くことも珍しくはないようです。

母の日のプレゼントで、花以外では何を贈ればいいかな?お母さん(お義母さん)が好きな事を考察してみよう

・グルメの食べ歩きが趣味のお母さん
・お酒に目がないお母さん、それもワインが大好きなお母さんや日本酒通のお母さん
・スイーツを求めて遠くのお店まで買いに行くお母さん
・ブランド品が大好きなお母さん
・お小遣いのほとんどを「本」に費やすお母さん
・映画が大好きなお母さん
・国内旅行・海外旅行が大好きなお母さん
・ドライブ専門のお母さん
・釣りが大好きなお母さん

等々考えてみれば、キリがありません。お母さんって唯一の存在ですが、1人の女性としていろんな趣味があるのは当たり前のことです。
うう、花以外のプレゼントって意外と難しい…そうすると、やっぱり、ここは無難にお花を・・・

いいえ、あきらめないでください!

そのために、ギフトコンシェルジュとしてシンフーライフがいるわけです。
シンフーライフでは、花以外の母の日の贈り物としてズバリ、スカーフと日傘を推したいと思っています。

母の日に「スカーフ?」「日傘?」と思われた方、最後までちょっと見てください。

まずはスカーフです。

確かにスカーフをされないお母様もたくさんいらっしゃいます。
しかしいつも同じようなプレゼントでお茶を濁すよりも、しっかりと提案をしてお母さんのファッションの幅を広げてみるのもいいと思います。

スカーフは、お母さん(お義母さん)にも贈る側にとっても「いいこと」ずくめ

・首回りが華やかになり首のしわも気にならない
・屋外ではUVカット効果・屋内では冷房よけにもなる
・服装がシンプルでもスカーフだけで、オシャレになる
・バッグに付ければ、華やかになる上、スカーフを変えれば違うバッグに見える
・贈るときにS,M,Lなどのサイズで悩む必要がない
・大き目だけど、軽いから贈り物としての見栄えがいい

タイプ別で選ぶ、お母さん(お義母さん)に喜ばれるスカーフ

母の日のプレゼントとして喜ばれている人気商品をピックアップしてご紹介します。

鮮やかな色彩とエレガントな柄で母の日ギフトに人気の柄

お顔を若々しく蘇らせるバラ柄のシルクスカーフ

大きなダリアがエレガントで上品なイタリアシルク

頭からかぶるだけ!簡単で大人気のリングスカーフ

冷房よけにも重宝する大判シルク100

15秒でスカーフが巻けるからとっても便利。しかも軽い!

日傘は何本会っても嬉しい、お母さん(お義母さん)夏の必携アイテム、日傘

次に日傘です。

日傘というと、黒くてレースのはいった日傘を思い浮かべるかもしれませんが、それは昔の話。
最近は、機能性が増し、白くても十分にUVカットができる日傘が出てくるようになりました。
真っ黒な傘はもちろんUVカット率は高いのですが、お母さんだって、夏は白やブルーなどの涼しげなコーディネートをしたいもの。
お出かけするのが大好きなお母さんなら、軽くてお洒落な日傘は、色違いで何本持っていても苦にならないはず。

日傘を母の日プレゼントにおすすめする理由

・日傘を差すだけで日陰効果があるので熱中症予防になる
・晴雨兼用なので突然の雨でも困らない
・贈るときにS,M,Lなどのサイズで悩む必要がない
・日傘は自分では沢山買わないのでもらって嬉しい贈り物のひとつ

予算別で選ぶ、お母さん(お義母さん)に似合う日傘

予算別にお母さんへの贈り物として喜ばれている日傘の人気商品をピックアップしました。

【予算5000円まで】

表面のシルバーが紫外線をしっかりはじき、マイナス約6度のひんやり遮熱機能が人気の日傘です。

めんどくさがりなお母さんには自動開閉の晴雨兼用傘を

猫好きなお母さんには子供っぽくならない大人のネコが描かれたエレガントな傘を

【予算1万円まで】

お顔を明るく照らす白い傘。高いUVカット効果と軽さがお母さんウケNO.1。2019年新柄です。

和装にとっても似合う布レースの日傘。はっ水加工もしているので多少の雨なら大丈夫。エレガントで華やかなお母さんに

ロングセラーのレース柄。軽くて雨も太陽もよける晴雨兼用は旅行好きなお母さんへおすすめ

【予算15000円まで】

一回り大きいサイズの白い日傘。他にない珍しいボーダー柄のデザインで人気です。かっこいいお母さんにおすすめ

親骨に上品な寒竹を取り入れた高級感たっぷりの日傘です。

これからの季節に大変重宝する麻100%の日傘です。

【予算〜2万円】

のプレミアムな日傘。抜群の撥水性と軽さ、高級感いっぱいの作りでオシャレと質にこだわるお母さんを唸らせます。

フェミニンなお母さんにぴったり。フランスメイドの甘くてビターな日傘。

傘をさしながら杖も使える仕込み杖ステッキ傘。日傘としても使えます。

いかがでしたでしょうか?

贈り物として、見栄えもよく、実用的で喜んでもらえる。そんな贈り物を今年はお母さん、お義母さんにプレゼントしてみては如何でしょうか?

お母さんの年齢は家庭によって様々。
50代、60代、70代、80代…
年を重ねるほど、紫外線対策や華やかな見た目が必要不可欠。
年配の女性に人気商品のシルクのスカーフと日傘は母の日プレゼントにピッタリのおすすめグッズです。

オリジナルの母の日カード付きのラッピングサービスもございます。

ここで、実在するとても楽しいお母さんを紹介します

御歳、72歳。小さな頃から可愛く、とてもモテモテで20歳で結婚。
すぐに娘が生まれ、娘も20歳までにお嫁に行き孫ができました。40歳でおばあさんです。
そのかわいい孫娘も20歳で結婚。また娘が生まれました。この年でもうひ孫に恵まれました。ひーおばあちゃんが60歳です。そして現在、ひ孫も12歳。
もう少し元気に頑張れば80歳で玄孫が出来るのも夢ではありません。
そうなったら母の日には4人のお母さんが集合するわけですから、たくさんの孫やひ孫達も集合して母の日のプレゼントが山のように積まれてそれはそれは、大変なことになっちゃいます。
そんなご家庭がたくさん増えれば、日本もまた賑やかな雰囲気があっちこっちに現れますね。
それにしてもお母さんは幸せですよね。お父さんの父の人は何倍もの市場規模の差があるようです。
という事は、当然金額に差があるのか、お父さんはプレゼントすらもらえないのか…やはり人生の感謝の相手は、圧倒的に母親のようです。
今年こそは花ではなく素敵なプレゼントを探してください。

スタッフボイス

花以外の母の日プレゼントなら、年配の女性に人気商品の「スカーフ」と「日傘」を!

年を重ねると、若い頃にはなかった悩みがでてきます。紫外線による首のしわやお肌のくすみ。それをうまく隠してくれる華やかなスカーフ。隠すだけでなく、夏など屋内の冷えた屋内で纏えば防寒効果もあるので、母の日プレゼントとして常連の人気アイテムです。

いっぽう、日傘も、暑さにめっぽう弱くなった身体を太陽の熱と紫外線から守ってくれる、日本女性のマストアイテム。すでに日傘をもっているお母さんにも、新しい柄をプレゼントしてみては如何でしょうか? 花以外なら、「形にのこる贈り物」として、いつまでも大切に持っていてくれそうですよね。

また、お母さんというと、ご結婚されている女性の場合、自分の母親だけではなく 夫のお母さん(義母、いわゆる義理の母親)へのプレゼントも必要だという方は多いのではないでしょうか?

よほどお花が大好きというお義母さんでなければ、無難にお花をプレゼントするよりも花以外できちんとセレクトして贈れば、「センスのいい嫁」としての地位を得ることができるかもしれません。